Kagiyama kenchiku sekkei        鍵山建築設計      Small fantastichouse story  

設計の考え方 


設計の考え方

設計の進め方

住む人に快適な暮らしをしていただくために                     東京都立川市 一級建築士事務所 鍵山建築設計

私どもの設計事務所は、自然素材を取り入れた住宅を多く設計しています。それは、今までの実例をご覧になられた方々が、「こういう雰囲気が好き」と、ご依頼頂く事が何よりもの理由の一つであり、そこには私たち設計者は自然が好き、に尽きるのです。

日常の中で自然を取り入れると、心もおだやかになっていくのが分かります。なぜなら、きれい事だけでは済まされない、自然の摂理も受け入れた寛大な心も養えるからです。
自然素材は、均一ではありません。森で育つ木の長さや太さが違うように、川の石の表情が皆、違うように、今までもそしてこれからも生き続けているのが自然素材です。ですから、住宅に自然素材を使うと言う事は、古くはなっても安っぽくならず、その経年変化を楽しめる。人間で言うなら綺麗に歳を重ねている人が、素敵なツヤとシワを増して行くのと同じ理由なのです。

そんなに素敵な自然素材の住宅でも、全ての住宅とそこに住む人、そして設計する建築士に使いこなせるほど甘い物ではありません。出来れば使いたい程度の想いであれば、私どもは使わない選択肢をお奨め致します。
自然より便利さを優先させた生活がその選択肢です。素材ではなく、品番で建てると、製品が均一され、便利機能満載になります。人が動かなくても家の中の様々な事が出来るので、汚れや傷をとても気にされるかたには特にお奨めしたい仕様です。
新製品は常に目新しい機能で発売され、ショールームやカタログに氾濫し、その設備機器を住宅に取り入れる事は、住宅の設計をしている設計事務所であれば、どんな建築士でもいとも簡単に組み合わせ完成させることが出来ます。そして、次の商品が出るまでとても便利な生活が得られます。
では、工事代金はどちらがどうか。とても気になるところですが、そこが建築士と一から造り上げていく家の醍醐味。世界中の物や事をプラスとマイナスし、あなただけのオンリーワンで調整致します。

この国で昔から伝えられてきた物や造り、そして現代の工法や施工技術も考慮し、自然素材と新建材の持つ良い面も悪い面も充分に理解し合い、納得した上で使いこなせたなら、こんなに快適な暮らしは何にも代えがたい生活を手に入れられるはずです。
あなたに快適な生活を過ごして頂くために、私ども建築士は存在しています。表面的な住宅の考え方を取り払い、くつろげる空間づくりを一緒に考えていくのが住宅を専門とする建築士なのです。