Kagiyama kenchiku sekkei        鍵山建築設計      Small fantastichouse story  


名古屋市YM邸(店舗併用住宅)新築工事 進行中

名古屋市の家 プロジェクト プロセス・ストーリーをご覧ください
東京都立川市 一級建築士事務所 鍵山建築設計

 

 プロローグ                                                  

実家の近くに手頃な土地が売りに出ました。
銀行手続きにあたり、図面や見積書などの書類を揃えていくうちに、その土地の購入はやむを得ぬ事情で諦めざるを得なくなりました。
すると、更に近くに、もっともっと条件の良い土地が売りに出ました。
そんな時、私たちは、土地との縁ってあるのだな。とつくづく感じる瞬間です。
しばらくは、電話やFAX、メールでお互い連絡を取り合いながら、現地拝見、設計監理委託契約、第一回のプレゼンテーションを名古屋で行ない、その後は新幹線のぞみで日帰りの打合せが始まりました。

カー用品を販売する会社との併用住宅です。
ビジネス部分と、住宅のやさしい部分をうまく取り合わせ、若いご夫婦とお子さんたちの楽しみがいっぱい詰まった住宅です。

私ども東京・立川にある設計事務所と、名古屋市に住み名古屋市に建築する地があるクライアントさんなのですが、いざ始めて見ると、思っていたよりずーっと距離感は縮みました。東京近郊で乗換を繰り返す移動よりラクかも知れません。そして、帰りに”名古屋名物”を選ぶ楽しみも加勢して足が軽くなります。


プロセス
2017.07.08 現地を拝見し、その後、設計契約、プランのプレゼン、ご要望・ご質問などの今後の話し合いをしました。

計画案A・B・Cの中でA案が採用となりました。
2017.08.26 準防火地域の延焼範囲を考慮したサッシの位置、物入の中身、事務所の使い勝手、雨戸の有無、家電・家具サイズ、防犯等の確認をしました。

基本設計は終了しました。
2017.09.09 実施設計の詳細図を提出し、説明をしました。
2017.09.30 主に設備図について、お話をしました。
2017.10.19

名古屋市役所本庁舎の廊下

名古屋市役所本庁舎のエントランスから上部を撮ったもの

N・P表示電柱
名古屋市役所の建築指導課・建築審査課、給排水設備課を回りました。

各自治体毎に、建築に際して条例が違いとらえ方が違います。各課に回り確認をしてきました。

特に、建築場所が第2種臨海防災区域ということで、
名古屋市臨海部防災区域建築条例が規定されています。

「この条例は昭和34年9月に本市を襲った伊勢湾台風を教訓として、今後このような被害を被らないように「名古屋市災害対策要綱」の防災対策事業の一環として昭和36年6月1日から施行されました。
指定された区域に応じて建築物の1階の床の高さや構造などを規定しています。」(名古屋市HPより)

この区域の主な規定として、
1階の床の高さをN・P(+)1m以上とすることが規定されています。

因みにN・P(+)0.00mとは名古屋港基準面を表します。

しかしながら、名古屋港基準面から床の高さを決めるのは厳しいため、この地域にはN・P表示電柱が何か所か配置されています。そこを基準に測量し床の高さ決定することになります。





上2枚の写真は名古屋市役所本庁舎の廊下とエントランスから上部を撮ったものです。







2017.10.28







事務所のセキュリティと前回打ち合わせた内容を反映させた図面を提示し、説明しました。



写真は名古屋駅の高層ビル名古屋ルーセントタワーに通じる地下歩道「ルーセントアベニュー」







2017.11.08 地盤調査を実施しました。
表面波探査法です。
2017.11.09 地盤調査の速報が入りました。
概ね良好な地盤でした。