Kagiyama kenchiku sekkei        鍵山建築設計      Small fantastichouse story  

漆喰


漆喰 プロローグ・エピローグ

東京都八王子市の家-1 プロローグ・プロセス・エピローグ から成るストーリーをご覧ください
東京都立川市 一級建築士事務所 鍵山建築設計

プロローグ                                                  エピローグ

計画を始める前に、家での生活をはじめ様々な話は大いに盛り上がりました。

庭の樹木とそこに遊びに来る鳥たちを眺めていたいご夫妻揃って多岐に渡る手工芸の趣味を持ち、その作品を製作するスペースが欲しいご両親との生活を分離した二世帯住宅であり、且つ介護がしやすい事。そして、希望を要領よくまとめたリストの中に、ひとつだけ“絶対”と書いてある項目がありました。

『犬・絶対飼いたい』。犬種はコーギー。

足の長さやその犬の本来の性格も家づくりに大いに関係します。実際に敷地調査を始めると、敷地と全面道路の接道に関して、確認申請の前に許可申請が必要になる事がわかりました。施主共々、幾多の手続を乗り越えながらの趣味三昧の家づくりがはじまりました。

プロセス
2008.06.28

造園家との打ち合わせ

この家の重要課題に、『庭をたのしむ』
掘り返し、保管、植え直し、・・・。
工期の関係で、真夏の移植。

それなりの手立てをしておいて貰えるとの事。

なんとか持ち堪えますようにと願う。
その前に、何を残すか。

今日は究極の選択。
2008.08.25



 
解体工事

解体作業が始まった。

すっかり更地になった。
地盤調査そして、着工。
2008.09.01




 
地盤調査

最初の調査地点はスムーズ。

その他の予定地点で大きなガラ等に当たり
貫入不能となり、別の調査地点を増やして、
実行された。

考察の結果、問題なければ、基礎工事にはいる。
南端に既存樹木の仮移植がされている。
姫こぶし、山ぼうし、シャラ、さるなし等。
2008.09.11

水盛り・遣り方

建物の水平出しと建物の正確な位置を決める。
2008.09.17



配筋検査

とても良く組まれている。
2008.09.27





祝上棟

構造材のバランスがとれている。
太い柱・梁が連なっている。
2008.10.04

お清め       

建物の四方に酒・塩・米をまいて清め上棟の儀を行う。

晴天

ひのきのよい香りがする
2008.10.09

板金打合せ
2008.10.30







 

通気胴縁は溝加工して壁内に空気を通す

壁断熱材はロックウール

防湿シートはタイベックハウスラップ

サッシはオペレーター付きすべり出しサッシ

ウイルウォールは燃えにくい外壁木材
2008.11.12







外壁材張りはウイルウォールの縦張り
親子で大工
コンビネーションよろしく丁寧な仕事

縦張りの板は水はけがよい

ウイルウォールは防火認定材
ラフ面が表

断熱材は屋根面に断熱材厚100
2008.11.17




外壁板張り

V字型張り

木製玄関引戸の搬入

重厚感

下階から上階を見上げる

気持ち良い
2008.11.20



浴室の設備配管
防水下コンクリート



木製玄関引き戸(防火設備)の取付
2008.11.27



建具の打ち合わせ


ナラ無垢フローリング材の搬入
2008.12.08

大工の仕事場    

監理者の重要事項の書き込んだ図面等が
壁に貼られている。
図面を見ながら仕事を進めていく大工は
間違いなく、良い仕事をする。
2008.12.11

浴室タイル貼り

ウエッジウッドブルーの床が効いている
2008.12.16







米杉の外壁
経年変化が楽しみ



枕木敷き
枕木の感触を楽しむ

木製塀の基礎
風通しのよい米杉の塀
2008.12.25

ガルバリウム鋼板大波の外壁とステンレスの庇
裏面に米杉ラフ材
2009.01.09




 
タモ集成材のストリップ階段
いつまでも色あせることなく、月日と共に味を出す。硬くて粘りがあり、シンプルでいて強く、それでいて木目はとても優しい。住む人は家を選び、家は又、住む人によって活きて来ます。性格の似た同志は喜びを倍にします

マホガニー玄関引き戸のスリットに透明防犯ガラス
北の大窓
特別に木製サッシ
2009.01.24







 

 
完成しました

居室と洗面室の仕切りに3本レールの木製3枚引き戸

2階リビングは気持ちよい寛ぎの空間

階段廻りは変化に富んで楽しい

階段の明かりがやさしい

2階のリビング・ダイニング・キッチンは見通しがよく、とても広く感じる

米杉の外壁に白のガルバニウム鋼板大波
          

エピローグ                                                  プロローグ

多彩な趣味


ご家族全員が器用で、手先を使う数々の趣味をお持ち。その作品群の居場所を家のあちこちに準備しました。玄関をはいると、正面にはLEDのダウンライトがガラスの棚を照らします。陶芸を趣味とするご主人の為のスペース。

両脇にある引き戸には中央に凹みを設け、お母様と奥様が趣味にしている象嵌を順次組み込む予定。打合せの時からそのサイズを綿密に打ち合わせ、引渡直前にはすでに数枚完成し、「是非見て下さい」と、素晴らしい出来の作品を組み込んで見せて頂きました。

洗面化粧台の上部照明に至っても、物が置けるスタイルを構築。玄関脇に設定した水栓からは自作の水鉢に水が注ぎ、時が流れる。表札も自作し、訪れる人をやさしく迎え入れてくれる。
 

外壁は本物の木製

準防火地域でありながら外壁と玄関引き戸には、一本一本木を貼り付けています。特殊な燃えない木を使う事により、塗装はもちろんツルものを絡ませたり、釘を打ってハンキングを下げる事も出来ます。思いきり自由に楽しんで頂きたいと願っています。
 

阿吽の呼吸

打合せに来る度毎に、面白おかしいネタを必ず仕入れて来て、皆を思い切り笑わせてくれるご主人と、その話題に涙を流しながら大笑いするとても明るい奥様。そんな4人の話し合いですから、話もとんとん拍子で、大変盛り上がり、楽しい打合せの連続でした。
 
引渡しの日、「出来上がってみて、分かった部分が沢山あります。その時はじめてこういう工夫をしてくれていたんだ。とあちこち気が付きました。」

そして、何度も「本当に良かった」を何度言ってくれたか・・・。
 

私たちから一言

色や形の好み、物に対する考え方、価値観、様々な考えが合致し、言わなくても通じる、提案がそのまま活きて来る。そんな設計をさせて頂きました。