Kagiyama kenchiku sekkei        鍵山建築設計      Small fantastichouse story  

健 居


健居プロローグ・エピローグ

東京都立川市の家-5 プロローグ・プロセス・エピローグから成るストーリーをご覧ください
東京都立川市 一級建築士事務所 鍵山建築設計

 

 プロローグ                                                  エピローグ

お父様の健康を心配して、二世帯同居に踏み切ったご夫妻。
そして、「犬を飼えることと、ピアノ教室を併設する住宅を建てよう」となりました。
折しも、消費税が5%から8%に上がるタイミングと重なり、「とりあえず、今のうちに契約だけ済ませておけば・・・」と騒ぐ世間の話題に、敏感に反応したクライアントさんが、大急ぎで「・・・なので、先に契約したい」とご来所。
しかし、まだ設計内容が定まっていない住宅に、いくらかの金額を決めてしまうほど、その差3%では埋まらない。とお話しし、消費税が8%に上がってから完成する可能性を選択されました。
完成する頃には、それが目に見えて実感できると信じています。
そして、設計の打合せを重ね、いよいよそれが形となってまとまりつつある、とある日の事です。
「工事の着工の時期は○月○日以降、入居は○月○日以降。と言われたので・・・」
とても気にされるご家族がいる限り、これは守らなければなりません。
少し時間が空く分、仮住まい探しや引越の片付けに余裕が出来、新しい家の完成が待ち遠しくなる素敵なプロローグタイムになりました。

プロセス
2013.09.07 設計監理契約を締結しました。重要事項説明書の内容をお話ししました。
2015.02.05 工事請負契約が締結されました。
2015.04.10
解体工事初日
2015.04.14
内部の解体
2015.04.20
家屋の解体が終了
2015.04.24


基礎、土間の解体撤去が終了











整地、清掃して、解体工事が終了しました。
2015.04.28
地盤調査
2015.05.01
 
地鎮祭

工事の安全と家の繁栄を祈願します。
2015.05.27
遣り方

建物の位置、基礎の高さ、水平などを決める重要な工程です。
2015.06.04

 
捨てコン打ち 

この捨コン表面に壁芯と型枠の位置及び人通口の位置等を印します。
2015.06.10
基礎配筋検査

住宅瑕疵担保履行法の検査と私ども設計事務所の検査を実施しました。
2015.06.11




コンクリート品質試験・基礎耐圧版コンクリート打ち
2015.06.12




アンカーボルトの搬入・防湿シートの確認
2015.06.18




基礎立ち上りコンクリート打ち

アンカーボルト位置の確認
2015.06.22






土台敷き














気密パッキン敷き 















土台に先行防腐剤塗布













先行設備配管
2015.06.25











土台、大引きの設置

格子状に組まれました。

































鋼製束の確認をしました。













































先行足場が組まれました。

2015.07.02








棟上

屋根面の断熱材を確認しました。
2015.07.09






養生シート

構造材・羽柄材・合板が雨に濡れないように養生してあります。











基礎断熱材を確認しました。














屋根面の断熱材。















電気・外装の打ちあわせをしました。 
2015.07.10
 



CN釘

構造用合板を張り付けるための重要な釘です。
CN釘はN釘より太めになっています。













CN50・CN75の搬入を確認しました。













図面通りのピッチで釘が打たれています。 
2015.07.16




サッシの搬入
















電気の配線が行われています。













階段の天井面です。 
2015.07.20
施主の現場見学会
2015.07.25
 



ユニットバスの据付















浴室・洗面室の天井断熱材充填













外壁サイディングの止め金物 
2015.07.30






フラット35中間検査

合格しました。
























床材が一部張られていました。













リビング照明の下地ができていました。













野地防火キャップが付きました。
軒先の木部をガルバニウム鋼板で被覆し、延焼を防ぎます。
2015.08.08










上棟式

四方祓い、直会とひと通りの行事を執り行いました。














2階の棟に近い天井懐部分です。へいぐしはこの部分に飾られます。












FIX窓が取り付けられました。













庇が付きました。














物干し金物の下地を確認しました。














横引きドレーンとオーバーフローパイプを確認しました。
2015.08.20




壁断熱材が充填されました。















外壁ボードの水切りが取り付けられました。 













排水管の消音材が取り付けられました。
2015.08.27



 
入隅のサッシ額縁が取り付けられました。
図面通りに納まっていました。















外壁ボードの施工が始まりました。
まっすぐに切れています。 
2015.09.03
 
リビングにカウンターが取り付けられました。 
2015.09.10


石膏ボードが張り付けられました。
2015.09.12






階段の手すりが取り付けられました。































2階ホールに天井収納梯子が取り付けられました。 












ホールに収納が取り付けられました。
2015.09.17




天井の塗装



オスモ塗料を使用しました。
色の確認をしました。










養生がされています。














天井の一部が塗装されました。
すてきな色です。
2015.09.21
ピアノの搬入

無事終了しました。
2015.09.24






足場バラシ


















































壁クロスの下地処理が始まりました。













玄関巾木のモルタルが塗られました。
2015.10.01


壁クロス貼り 
2015.10.03
デッキの束石

羽子板金物付きの束石が搬入されました。
2015.10.07






デッキの束石が据えられました。

遣り方・水糸・羽子板の向き
プロの技が垣間見えます。

図面通りであること、確認しました。












照明器具が付きました。































火災警報器が付きました。
2015.10.09








設計事務所の検査が終了しました。





デッキの材料が搬入されました。










勝手口のコンクリート型枠が組まれました。














アンテナが設置されました。































キッチンが納まりました。


2015.10.10




施主の検査が終了しました。



デッキ用ウリンの束が設置されました。















大引きが取り付けられました。
先穴をあけてからのビス止め。手間のかかる作業です。
図面通りです。














ガス栓が付きました。
2015.10.14


行政の完了検査(フラツト35含む)に合格しました。




デッキが完了しました。

















駐車場のコンクリート工事が始まりました。
2015.10.17


駐車場の型枠、メッシュ敷きが終了しました。



















駐車場の屋根(予定)の基礎が打ち終わりました。
700×900×550(深さ)とかなりの大きさです。
2015.10.19


駐車場の床コンクリートが打ち終わりました。
2015.10.22


完成しました。

建物の引き渡しが無事終了しました。

エピローグ                                                  プロローグ

初めてサタデーオープンオフィスにお越しいただき、建替えのご相談を受けてから完成まで2年半を費やしました。
ご実家の建て替えではあるものの、ご自身では初めての家づくりである事で、分からない事も少なくなかったでしょうし、同時に親御さんとのコンセンサスも図りながら、ひとつひとつ解決する打合せが続きました。
又、以前、ハウスメーカーにご相談もされたことがあり、又、住宅機器メーカーに知人がいらっしゃるそうですので、難なく家を建てるだけなら、私どもにご依頼はなかったのだと思います。しかし、当初のご要望にあった、自然素材やローコストから少しずつ離れて行ったものの、私どもにご依頼いただいた決定打は、第三者による監理にありました。
建築主自ら、 施工会社に自分の意見を述べる。まして、施工会社に対して予定にはなかったお願いや、反対の意見を言う、やり直しをしてもらうなんて、大抵の人は出来るものではありません。それをよく知るクライアントさんご夫妻のご要望と、私どもへの信頼はここにあったのだと信じています。

にぎやかアイテム満載な住宅です。

【音楽と額が溢れる】
ピアノを教えるためのピアノ室があります。
近隣にご迷惑にならないように、適度な防音を備えていますが、家の中ではその音が流れるよう、あえて防音室にしませんでした。

【ギャラリー】
亡きお母さまが趣味で作られた、エッチング(銅板)の額がたくさん保管されていました。スイッチプレートカバーに始まり、1mを超す大作まであり、しまっておくのはもったいない。
リビングはもちろん、階段、寝室、書斎に至るまで、壁面の下地を強固にし、ギャラリーに使って貰える仕様にしました。・・・季節ごとに交換していかないと、飾り切れないのではないでしょうか。
壁一面を覆い尽くすギャラリーをいつかご紹介したいと思います。

【ウッドデッキ】
南に配置したリビングの更に南西に広いウッドデッキを造りました。
すぐにでも犬を飼いたい。思いっきり走らせたいとのご要望から家の端から端まで抜けられるつくりにしました。途中の難関・・・リビングのドアはもちろんペットドアです。「あまり太らせると健康に良くないし、通れなくなっちゃうから・・・」とおっしゃっられていて、バロメーターのひとつにしてもらえそうです。


 完成写真(画像をクリック!)