Kagiyama kenchiku sekkei        鍵山建築設計      Small fantastichouse story  

ローコスト住宅


ローコスト住宅

コラム

ローコスト住宅とは、文字通り出来るだけ低い費用(コスト)で建てられる家のことです。家の建築費は主に材料費・人件費・諸経費で成り立っています。 このそれぞれの費用を出来るだけ抑えて出来るのがローコスト住宅というわけです。ここで注意が必要なのは「出来るだけ低い費用」であって、「比較的安い価格」ではありません。安い価格をを追い求めていきますと本来の家を建てる「こころざし」が置き去りになり、ジャンクフードさながらジャンクハウスになりますので注意が必要です。あくまでも、あなたのお好みの「こころざしのある空間」を創造し、素敵な造り手の仲間たちの協力を得て、家づくりをすることです。ここでとても重要なのは、私どもの役割であります設計図面と工事監理です。なぜか、「こころざしのある空間」を盛り込んだ設計図面が無ければ立ち行かないのです。「低い」が「安い」にいつのまにか様変わりし元も子もなくなります。そのためには設計図面の通りになっているか確認する必要があります、それが工事監理です。そうして、あなた(クライアント)と造り手(工務店)と設計監理(設計事務所)する者が三位一体となり、ローコスト住宅が完成します。ここのところはしっかりと抑えた方がよろしいでしょう。

                                                 東京都立川市 一級建築士事務所 鍵山建築設計

ローコスト住宅 コストを下げる方法「無作為に追加」

 コストを下げる方法はひとつ、不要なものは止めて、必要なものは最低限にするしかありません。
 ただし、「こころざしのある空間」はゆずらず、極めていくことが重要です。


№001 規格型住宅を選ぶ

 規格型住宅を選べば、ある程度プランが決まっている中から、検討や打合せができますから、自由設計で住宅を建てる場合に比べ、設計・工事期間が短縮され、手間や経費が低く抑えられます。又、材料も入手しやすく、同じ材料でもローコストになります。

 例えば、鍵山建築設計 1600万円の規格型住宅(設計監理料込み) KSFH-1600A


№002 材種を減らす

 材種を減らす。特に仕上材に関しては歩留まりが良く、取り合い部(部材の組み合わせ部)もなく、見切り材(床や壁などの仕上材の変わる部分に入れる化粧部材)を節約でき、ローコストになります。


№003 職種を減らす

  職種を減らす(たとえば造り付家具を家具屋さんでなく大工さんにお願いする等)と打ち合わせや段取りがスムーズにいき工期短縮。手戻り(やり直し)や経費も減り、ローコストになります。


№004 収納を減らす

  収納面積を減らすと当然住宅の床面積も減りローコストになります。 


№005 サッシを減らす

  サッシを減らすと、サッシ代と取付費が減り、ローコストになります。


№006 間仕切りを減らす

  間仕切りを減らすと、下地、仕上の材料が減り、手間も減りますのでローコストになります。


№007 壁の仕上を減らす

  壁に仕上げをしなければ、仕上の材料が減り、手間も減りますのでローコストになります。


№008 天井を減らす

  天井を減らすと、下地、仕上の材料が減り、手間も減りますのでローコストになります。


№009 塗装範囲を減らす

  塗装を一部又は全て行わなければローコストになります。


№010 雨どいの範囲を減らす

  片流れ屋根にすると軒樋の長さが節約できますのでローコストになります。


№011 階高を下げる

  下地、仕上とも材料が減り、手間も減りますのでローコストになります。


№012 窓の額縁(枠)を減らす

  下枠のみとすると材料と手間が減りますのでローコストになります。


№013 玄関の床と巾木のタイルを減らす

  タイルの材料と手間が減りますのでローコストになります。


№014 玄関の上り框を減らす

  上り框の材料と手間が減りますのでローコストになります。


№015 軒を減らす

  軒を減らすことで、材料と手間が減りますのでローコストになります。


№016 基礎布廻りの仕上を減らす

  基礎布廻りの仕上を減らすことで、材料と手間が減りますのでローコストになります。


№017 基礎の鉄筋コンクリート量を減らす

  べた基礎を布基礎(地耐力30kN以上)にすると、材料と手間が減りますのでローコストになります。


№018 ドア、引戸を減らす

  ドア、引戸を減らすことで、建具代と吊り込み代が減りますのでローコストになります。


№019 巾木、廻縁を減らす

  巾木、廻縁を減らすことで、材料と手間が減りますのでローコストになります。